トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月12日 (日)

キッチン*タカラ③*

タカラを一生懸命押してますが、

タカラの何が欲しかったかって、

結局のところ、

マッキーでいたずら書きしても、水でこすれば消えるホーローのパネルが欲しい

というところでした。

蛇足として、

そんな話をタカラのお姉さんと話していたところ、

キッチンパネルだけの別売りはありません。

キッチンとセットになってしまいます。

あとは、トイレのパネルは、別売りできます。

と。

ただ、シンク下の食洗機に虜になっていた私たち夫婦に、

お姉さんは、

もし、キッチンパネルを多めに注文してもらえたら、

パネルをちょっとほかのところに使ってもらうことに関しては、

キッチン買ってもらうので、

こちらも頑張らせてもらいますよ。

とのこと。

すっかり、ホーローのパネルに虜になっている私たちでした。

ランキングに参加することにしてみました。

↓共感していただけるようであれば、押してみてください。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

キッチン*タカラ②*

実は、タカラのホーローは好みではないなあとの固定観念があり、

前記事でお話ししたように、

実は、キッチン狙いではなく、パネル狙いでショールームに行きました。

と・こ・ろ・が、

ショールームで、タカラのキッチンのとりこになってしまったのです。

以前もお話したように、

別に私はタカラの回し者ではありません。

タカラの何が良かったかというのは、

以前お話したように、ホーローという製品が、とても手入れがしやすいこと。

昔っぽいイメージがあるなあと思っていたホーローですが、

全然見た目に昔っぽさはないこと。

そして、なによりも、

流し台の下に、食洗機が設置できること

が、私と夫の気持ちがググっと掴んだのでした。

私の動きとして、料理をしつつ、片付けを同時進行したいという気持ちがありました。

このときに、料理を一緒にしてくれる人は、当然、

シンクとレンジの間にいることが多いはず・・・。

でも、ほかのメーカーは、だいたいがシンクとレンジの間の作業スペースの下に

食洗機が設置されているパターンが多い

のです。

そんな中、

Function_img03

※画像をお借りしています。

タカラのように、シンク下に食洗機が設置されているなんて・・・、

誰かに調理をしてもらいながら、

同時に食器を洗えるじゃない!!

と思ったのでした。

業者の割り引き率の関係があり、

リクシル(リクシルの記事)のほうが予算を抑えることができるかもしれませんが、

台所の配置として、

夫ともども、ぐぐっときたのは、タカラのキッチンでした。

予算の関係があるので、これから、担当の方と戦う予定です。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

キッチン*タカラ①*

別に、タカラの回し者でもなんでもありませんが、

夫とともに、グッと来たのが、

タカラのキッチンでした。

こちらもサンワカンパニーと同じく私としてはノーマークでした。

では、なぜ、タカラを訪問したか。

訪問した理由は、実は、キッチンが理由ではなく、

子供がいたずら書きをできるスペースの確保

でした。

私たち夫婦には、まだ子供はいません。

ただ、子供がいたら、自由にお絵かきができる壁面を確保してあげたいという

イメージがありました。

そこで、まず考えたのが、

F0226872_17251611_3

※画像をお借りしました。

塗料で黒板を作るというものでした。

でも、黒板にチョークで書くと、当番の人が大変だったように、

掃除が大変。

その後、見つけたのが、積水ハウスのドラフトウォール。

Photolibrary8_2

※画像をお借りしています。

これを見たとき、ペンで描けて、

消せるって、ゴミが出なくていいなと思いました。

でも、積水ハウスだけの商品みたいで・・・。残念

そこで、考えたのが、タカラのホーロー。

Design_img06_2

※画像お借りしています。

Design_img07_2

※画像をお借りしています。

Design_img08_2

※画像をお借りしています。

ぜひ、タカラのショールームあったら、見ていただきたいのですが、

タカラのショールームのお姉さんってば、

自分のところの商品(ホーロー)をアピールするために、

木槌で大きな音出して叩くわ、

油性のマッキーでいたらずら書きするわ、

炎で炙るわ、

まあ、いろいろなパフォーマンスでお客さんを驚かせてくれます。

このタカラのホーローパネルをどこか壁につければ、

いつか生まれてくる子供に、

油性のマッキーでも、書いていいよ

って言えるなあなんて思ってタカラのショールームに行ったのでした。

ランキングに参加してみることにしてみました。

↓共感できる部分がありましたら、ポチっと押していただけるとありがたいです。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

キッチン*サンワカンパニー*

メイドインジャパンにこだわったサンワカンパニー。

必要最低限の設備が整っていて、

しっかりしたものであればいいと考えている私としては、

サンワカンパニーのキッチンは、

必要最低限の設備が整っていながらも、メイドインジャパンのしっかりとした造りのキッチン

という意味では、

ノーマークだっただけに、

お、いいじゃん。

という驚きもありました。

Main

※画像をお借りしています。

プレーンKミディアムというシステムキッチン。

Main2_2

※画像をお借りしています。

コントルノというシステムキッチン。

実際にショールームで確認しましたが、

全然イケる。

どちらも全然イケるのに、

ものすごい良心的な価格設定( ̄▽ ̄)。

ただ、ちょっとリクシルと比べて何が嫌かっていうのは、

足元の収納が使えないということだけでした。

確かに、海外向け用のキッチンも素敵でしたが、

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

キッチン**ヤマハ**

私が、住宅設備について思っていることは1つ。

世の中の技術はすごい。日々進歩している。

今最新のものでも、数ヶ月後には古い過去のもの。

だから、住宅設備に望むことは、

必要最低限の壊れにくい丈夫な設備

ということです。

だから、IHとか食洗機とか、

私としては、

最低限のレベルでもしっかりとした仕事をしてくれるものであれば、それでOK

費用対効果として、それなりの仕事をしてくれる設備であればそれでOK

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

次に、YAMAHAのキッチンを見に行きました。

Index_mainimage_r

※画像をお借りしています。

リクシルのアミィと同じくらいの標準のものを紹介してもらいました。

ヤマハのキッチンでは、ベリーが同じくらいのものだということでした。

ヤマハのキッチンで良かったところは、私が望んでいる

流し台の下にごみ箱を置きたい

という要望を実現できることでした。

でも、この流し台の下にゴミ置き場。

これは、私の動線としては、完璧な位置取りだったのですが、

やっぱり水栓の関係で、

それほど大きなゴミ箱を流し台の下に置くことはできないということが分かりました。

チーン(つд⊂)

私の野望は、果てなく、実質的に無理だということにやっと気づかされました。

ほかに、ヤマハの良かったところは、

Lineup_sec02_mainimg

※画像をお借りしています。

このナチュラルなイメージにぴったりの木製、緑色のかわいい扉。

Rangehood_sec01_img02_3

※画像をお借りしています。

サイクリングフードという換気扇が掃除しやすそうだったことでした。

でも、間取り上、台所下の引き出しって、

調理をするために台所に立つ人にしか見えないから、

ぶっちゃけ何色でも構わなかったりするし・・・┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

そしてそして、ちょっとヤマハに行って悲しかったことは、

ショールームに何人も案内のお姉さんがいたのに、

私たち夫婦に紹介してくれたのは、

ゴホゴホ(||´Д`)oと苦しそうにしていたお姉さん。

ゴホゴホときっと熱があったろうに・・・

と思われるお姉さんがゴホゴホ言いながら、苦しそうに説明してくれました。

きっと、案内の順番とか決まってるのかもしれないけど・・・

健康そうなお姉さんが、あんなにスタンバっているのに・・・

と思い、そこが、夫も同じことを言っていたのですが、

ヤマハのキッチンは買いたくないな・・・って思ってしまいました。


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

キッチン**リクシル**

私がお願いした建築業者の標準設備というのはリクシルさん。

そこで、早速リクシルの住宅設備を見に行きました。

業者の標準キッチンは、

Img_main

※画像をお借りしています。

リクシルのアミィというシリーズの間口2550というのが標準。

リクシルのキッチンでいいなと思ったのは、

Kitchen_qui_pc_010

※画像お借りしています。

この足元まで収納に使えるところ。

↓パタパタくんという、押して開く収納も売りのようでした。

Kitchen_qui_pc_008

※画像をお借りしています。

でも、このパタパタくんは、特に私の中では惹かれなかったけど・・・。

いい機能だと思いました。

夫は、「スゲェ」って声を出してましたけど。

リクシルは、業者の標準で、一番割引率の高いところでした。

また、足元までの収納で収納力が確保できるところがよかったです。

でも、気に入らなかったところは、

 足元にゴミ箱を入れるスペースが確保できなかったこと

  →これは、どの業者もなかなか難しいということが最終的には分かりましたが

 食洗機がやっぱり中央にしか持ってこれないか食洗機の移動にお金がかかる

というところでした。

リクシルで見積もりを出してもらったところ、100万超でした。

でも、業者での割り引きをいれると、50万以下で済むというものでした。

キッチンはリクシルになるのかなあ

ランキングに参加することにしてみました。

↓共感できることがありましたら、ポチッと押していただけるとありがたいです


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

キッチンに対する要望

昨年の回想から綴っていますが、リアルタイムな話をすると、

現在は、

間取りがほぼ決まり、住宅設備を選びながら、

大まかな床材等を選び、予算の概算と戦っているところ

です。

自宅のイメージに対して、夢を見てていい時間ヽ(´▽`)/って、

もっと長いものだと思っていました。

でも、

夢を見てていい時間なんて・・・( ̄▽ ̄)

ほぼ、ないんですね・・・。

もう、予算との戦い・・・(。>0<。)

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

いろいろと順不同になりますが、まず、

私がキッチンに対して要望することを書きます。

 広さ3・7畳以上のスペース

 カウンター付きのフルオープンのキッチン

  →実は、料理は得意ではない私。料理以外の家事は得意なのですが・・・

   そこで、料理の時間は、なるだけ孤独にならないように、

   料理や家事に家族を巻き込めるように

   フルオープンのキッチンにしたかったのです。

 キッチンの間口サイズは270cm

 キッチンから和室、リビング、ダイニングがひと目で見れる

 背面は、サブキッチン。しっかりした収納と作業台の確保。

 流し台の下にゴミ箱を入れる。

  →この野望は、早くも崩れることになりますが・・・。

イメージとしては、

Sdsc1

※画像をお借りしています。

イメージとしては、この画像くらいフルにオープンでもいいなと考えていました。

↓ランキングに参加してみることにしました。共感いただけましたら、

 ポチッと押していただけるとありがたいです。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

全体的なイメージと要望

私が、おうちを作るに当たり、全体的なイメージと要望としてあげたことは、

 そうじのしやすい家

  → 現在のところ共働きで、たとえ今後子供が生まれても、

    私は仕事を辞めない。だから、そうじのしやすさは必須!

 自然素材の家で、ナチュラルなイメ ージの家

でした。

 

 

 

 

 

 

決定した土地とそこから学んだこと③

建築条件をはずしてもらうって、お金がかかるんだなあって思いました。

そりゃあ、そうだよなあと思いながら、

これから住宅の建築をお願いする予定の業者のおじさんと

一緒に土地を見に行きました。

そしたら、おじさん、まずは、

  不動産取り扱いの資格はあるので、

  不動産会社を通さなくても、うちでできます。

とのこと。

そして、

 建築条件をはずすのに売主が提示した100万円上乗せの金額交渉をする

 仲介料は、法定で決まっているが、

  建物の代金で値引きして相殺するようにするので、実質仲介手数料なし

となるとのこと。

 もっと、早く言ってよぅ~

そして、交渉をしてもらった結果、建築条件を外すのに必要なお金は、

    100万円→50万円

になりました。

そして、仲介手数料

    60万円(不動産会社を通した場合)→0円(住宅建築代金から値引き)

になりました。

 その結果、この土地を買うことに決めたのでした。

 土地は、本当にタイミングだなあと思いました。

 土地を決めた後も、いろいろな会社から案内のメールが来てるのですが、

なかなかいい土地というのは出てこないものです。

決定した土地とそこから学んだこと②

いいと思った土地は、どこの不動産会社でも扱っていたので、どこの不動産会社を通せばいいか迷いました。

このとき、不動産会社に言われた共通のことが、

 建築条件をはずす場合、売り主が提示している条件は、

  現在100万円下げて価格を設定しているが、

  条件を外すなら、この100万値下げがない状態での購入。

 建築条件をはずす相場は、だいたい200~300万円なので、

  建築条件をはずして100万上乗せで購入できるんだから、いいでしょ

  ということ。

 不動産仲介料は法定で決まっているので、

  販売価格に基づく不動産仲介料は、60万くらいかかること。

でした。

 あまり、土地にお金をかけるつもりはなかった私。

 家を建てるのをお願いする予定の建築業者の頼りになるおじさんに相談したのでした

決定した土地とそこから学んだこと①

ネットを毎日のように駆使し、土地探しを継続していました。

そして、気になる土地を見つけました。

区画整理され、3区画が並んだ土地。

両側はすでに販売され、

真ん中の土地だけが売れ残り、

販売価格が100万円下がっていた土地でした。

実際に見に行ってみると、

んん、悪くない。

と思いました。

 45坪以上の土地

 南側が幅員4mの協定道路と農道

 田畑が周りにあるが、主要の市にあり、主要の駅まで近い

 間口が11mと広く正方形の土地

 下水が整備された

 両側の家が建っているので、周りの外構がすでになされているので、

  自分で塀を作る必要がない

ということなど条件にあっていました。

 条件にあっていないことは、

 200万の予算オーバー

 夫の実家から車で20分と遠くなった

ことでした。

 それに、この土地も建築条件付き。

 さて、どうするかぁ

いいと思った土地と買わなかった理由

実は、土地探しを本格的に始めようと思って回った不動産会社のうち、

1店舗目で、

とってもいい

と、飛びつきそうになった土地がありました。

ちょうど、昨年12月初旬ころの話です。

その土地は、田園に囲まれた土地で、

農家の広い敷地が売られ、

そこに区画整理された

1区画45坪の土地が10区画売り出されていたもの

でした。

建売の住宅が建つ予定の土地出そうで、

いずれは、この土地にも建売が建つ予定。

おお、建売住宅が建つ前に、この土地買えるんだあぁ

って、気分があがる。

そして、実際に不動産やさんと見に行ってみる。

おお、整形されてて、きれい

正方形の土地で、間口も広い

夫の実家からも自転車で10分で、子供ができたときに、子供を預けやすい

ほどよく田園が広がってる

まあ、興奮冷めやらぬ、私、その場で飛びつきそうになったのを、

自分で自分に、

「ちょっと待て、チロルチョコ買うのと違うんだぞ。落ち着け、自分

と言い聞かせました。

それに、不動産やさんとこの土地を見に行ったときに、

付近に暮らしているおばさんが出てきて、

「そこには家は建たない!そこには家は建たない!何かが落ちてくる!」

と怒鳴ってきたのです。

翌日も、その土地のことを考えるために土地を見に行ってみると、

同じようなことが・・・。

ひぇ~~~

盛り上がっていた気持ちを抑え、

落ち着いて周りをきちんと調べてみた結果、

バスの本数が少なかったこと

まわりが農道のため、車の交通に支障があること

そして、怒鳴るおばさんの存在

などなどの理由から、この土地を買うのはやめました

土地を買うときは、まわりのことをよく調べる必要があります

土地探しから学んだこと②

土地を探していて感じたことは、

いいと思った土地には、「建築条件」がついている

ことです。

つまり、その土地を買ったら、ここの建築業者で建ててくださいねって、

すでに家を建ててくれる業者が決まっているというものです。

建てたいハウスメーカーが決まっていない方にしてみれば、

土地を探して、いいと思った土地が建築条件付きであれば、

自分で建築業者をこれから探す手間が省けるし、

自分が建てたい住宅のテイストが、その業者が得意とするものであれば、

万々歳だと思います。

しかし、逆に私たちのようにすでに建築会社が決まっている場合に限っては、

まあ、この「建築条件付き」という土地は、邪魔で邪魔で仕方ありませんでした。

「この土地、いいなあ」なんて思っていると、

必ずと言っていいほど、

建築条件つきか、建売住宅・・・

誰か、土地くれないかなあなんて空想を描いたり・・・。

ちなみに、建築条件を外してもらう相場の金額は、

不動産会社さんが共通して言った金額は、

200~300万くらい

と言ってました。

ない、ない、そんなお金

土地探しから学んだこと①

土地探しをしているときに、不動産屋を2、3店舗周りました。

自分たちが希望している土地の地域、土地の広さ、土地の値段を聞かれ、

希望に沿ったものを出してもらうと、ほぼ同じものばかり。

多分、不動産業の方なら常識的な話なのかもしれませんが、

私素人には、知らなかったこと。

そう、不動産屋さんが使っているソフトはすべて同じなのです。

ある不動産屋さんは、実際に、パソコンの前でそのソフトをこっそり見せてくれて、

それを見ながら土地を選ばせてもらいました。

同じソフト使ってんだから、

不動産屋さんを何店舗も回っても、結局同じじゃん!

って学びました。

希望の土地

後日、記事にしようと思いますが、我が家の場合、はじめに、建てたい会社が決まりました。

そこは、工務店で、少ない人数でやっている会社のため、

土地探しは、あまり得意ではありませんでした。

だから、私たちは、自分たちで土地を探すことに決めました。

車で出勤途中に、きょろきょろしながら、土地を探していたり、ネットで探し回ったり。

土地に希望したことは、

 45坪以上の土地

 夫の実家に近い場所

 整形された土地

 日当たりの良い土地

 駅かバス停が近い土地

 閑静な田舎のような土地

でした。

 

 私たち夫婦の希望で、2人が大きく食い違ったのは、

私は、地方の生まれなので、県内でも田舎のほうに暮らしたい。

夫は、地方ではないので、田舎には暮らしたくない。

ということでした。

 

 そこで、地域としては、田舎ではないけど、まわりが閑静な地域を選ぼうということになりました。

あいさつ

はじめまして

現在、夫婦2人、共働きです。

結婚2年目。

本当は、5年くらいしたら、おうち建てようかなあと思い、

いろいろ住宅展示場等を見ながら、知識を貯めようと思っていたのですが、

昨年9月ごろに、ふと、

消費税があがるのかあ。

あれ、消費税上がったら、私たちになんの還元もされないお金を無駄に払うことになる

そんなの嫌だ!

と思い立ち、家を建てることに決めました。

それに、私たち共働きのせいで、

漠然と新築のための貯金をしていましたが、

漠然とした貯金では、やはり実感がなく、どうしても甘えの出る生活になってしまい、

きちんとした節約ができていないという反省もあり、

家を建てることにしました。

これから、記録をしていきたいと思います。

よろしくお願いします。

トップページ | 2013年6月 »

フォト
2020年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ