« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月30日 (日)

間取り図その③【2階】

すみません、記事をまとめて酔っ払いながら書いています。

間取り図その③の2階部分についての紹介です。

まずは、前回2回目のときの2階部分の間取り図。

Photo_8

間取り図その③の2階部分の間取り図は、

Photo_9

 図面左上が、床面積の関係で、

  ちょうどダイニングの上部分は、2階の部屋を作らないということにしました。

  これで、延床面積40坪から36坪へ。

 まだまだ無駄な廊下が多い

 2階のトイレと洗面所が別というのは、希望どおり

 やはり子供部屋はフレキシブルに使用したい

  まだ子供のいない私たちにとって、使用していない部屋ができてしまうので、

  フレキシブルに使用できるようにしておきたかった。

 子供部屋の収納の大きさは希望通り

 日当たりのいい一番良い南側に、クローゼットと旦那さんの書斎を南側の一等地に持  

  ってきていいものかあ

こんなわけで、次回4回目も書き直してもらうことにしました。

共感していただける方は、ポチッと押していただけるありがたいです。

p>にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

間取り図その③【1階】

またまた思い出しながら書いてる記事になります。

2013年2月12日付で、間取り図を書き直してもらいました。

3回目になります。

変更点がわかりやすいように、まずは、2回目1階の間取り図です。

Photo_5


3回目に書き直してもらった1階図面です。

Photo_6

※変更点

  台所にパントリーを設けてもらいました。

  和室を右側(東側)に少しずらし、リビングを少し広くしてもらいました。

3回目に書き直してもらった図面に対するいいこと、悪いことの評価は、


 シューズクロークの広さ半減

  分かりにくいですが、2回目に書いてもらった図面より、

  和室の位置を右側に半間分ずらしてもらいました。

  それに応じて、シューズクロークの広さが半減してしまいました。

 かたくなに残っている旦那さんの希望。

  リビング階段ではなく、リビングを通らない階段。

  私としては、子供ができたらのこともあるけど、

  私と旦那さんが例えば喧嘩したときに、帰宅した人間がりピングにいる人間と

  全く言葉を交わさず寝室に行くという経路を作ってしまうと、

  喧嘩はエンドレスになってしまうのではないか・・・と。

  特に私は、喧嘩をすると口をきかなくなるので、口をきかないまでも、

  喧嘩をしている相手の姿をしっかり見ることは必要かなと・・・

 1階のトイレの手洗い場は、来客した人も使えるように、トイレの外に置きたいという

  希望どおりの図面

 キッチンから脱衣所、キッチンからパントリーという動線は、矢印のとおり。

  パントリーができたのはいいんだけど、

  無駄な廊下ができてしまったし、洗面とランドリースペースを分けたいという希望が

  あったのに、それが一緒になってしまった

 ダイニング北側に、私のワークスペースが確保されているのは、希望どおり

 リビングの畳数は変わっていませんが、

  和室が半間分右側に移動したことで、ちょっとリビングは広くなりました

 3回目の間取り図1階部分を思い出して書いてみました。

 ランキングに参加しています。

 共感していただける方は、ポチッと押していただければと思います。

 ↓

p>にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

間取り図その②【2階】

前回の続きです。

2階部分です。

2階を考えるにあたり、学んだことは、

「階段の位置」

って重要ってことでした。

私、正直、2階の間取りって結構甘く見てて、もちろん階段の位置なんて

そんなに重く考えていませんでした。

でも、階段の位置一つで本当に間取りって変わってくるんだなあと

あとあと本当に身にしみました。

1回目の間取りから2回目の間取りに書き直してもらったときは、

まだそんなことに気づいてなかったと思います。

これは、1回目に書いてもらった2階の図面です。

Photo_3


2回目に書き直してもらった2階の図面です。

Photo_4


2回目に書いてもらった間取りで指摘させていただいたことは、次のとおりです。

 廊下とファミリールーム

  廊下が無駄に広すぎて、ファミリールームは微妙な広さすぎて

  死んでるスペースが多い

 2階のトイレの手洗いは、独立洗面台にしたいという希望がかなっている

 旦那さんの書斎は、完全に個室にしてはいけない

  旦那さんの書斎スペースの確保は、百歩譲って許します。

  でも、完全壁に囲った個室にしてしまうと、そこにこもってしまう可能性もあり、

  私としてはNG。壁のない、書斎の個室ではなく、壁で仕切らない書斎スペースを希望。

 主寝室が広いに越したことはないけど、ちょっと広すぎるかなあ

 ウォークインクローゼットは、どれだけ広くてもありがたい

 子供部屋の大きさは、子供たちがその部屋に閉じこもることがないよう、

  広さは4・5畳を希望。なので、この図面は、ほぼ希望どおりの子供部屋の広さ

 子供部屋はフレキシブルに使いたいという希望があったので、クローゼットで壁を作っ

  てしまうと希望どおりではない

 子供部屋のクローゼットの大きさは、希望どおり

以上のとおり、うるさい客ですが、2回目の間取りをこのようにお披露目してみました。

ランキングに参加しています。拙いブログですが、共感していただければ、

ポチッと押してください。

p>にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

間取り図その②【1階】

間取りをいろいろ考えていたときのことを、思い出しながら書いています。

間取り図を書き直してもらいました。

設計図の日付は、2013年1月17日になっています。

これが、1回目の1階図面。

Photo

これが2回目に書き直してもらった1階の図面。

Photo_2

1回目と2回目の変更点

 部屋の配置です。

 和室とキッチンの位置を変えてもらいました。

 和室は、やはりリビングつながりで、普段は開けっ放しでリビングの一部として利用し、

  いざ、お客様がいらしたときには、接客場所、宿泊場所にできるようにしたいと思い、

  和室を中央にもってきました。

 キッチンは、私は、料理が得意なほうではないので、

  できれば家族みんなを巻き込みながら、料理や片付けをしたいと考えています。

  それに、キッチンから和室、リビング、ダイニングが一望できるようにしたい 

  という希望がありました。

指摘事項としてあげさせてもらったのは、

 脱衣所にホスクリーンをつけても、私の生活動線上、絶対に使わない

 脱衣所部分と洗面部分を分けたいという希望は、図面上希望通りになっている

 洗面台を脱衣所と別にしたのはいいけど、□で囲った部分がなんか死んでるスペース   

  になってしまっている

 キッチンにパントリーがなく、収納スペースが確保できていない

 和室の広さは、ほぼ希望どおり

 せっかくリビングつながりの和室の位置にしたのに、ここに押し入れがあっては、リビン 

 グつながりの和室としては、広がりが十分でない

 家の坪数から見ると、リビング狭くない?!

 リビングを通らない1階から2階への階段は、旦那さんの希望どおり

 シューズクロークの広さは希望どおり

1回目の間取り図から2回目書き直してもらった間取り図の1階部分の検討箇所は以上のとおりです。

思い出しながら書いているので、このときほど熱や思い悩んだことは忘れかけているかもしれません。

長くなってしまったので、2階部分は次回書きます

ランキングに参加しています。

よかったら、ポチッと押してください。

p>にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

2013年6月15日 (土)

間取りに対する希望【シューズクローク】

シューズクロークに対する間取りの希望です。

_mg_6146


※画像をお借りしています。

シューズクロークに対する希望の広さは、1畳以上。

 可動棚の設置

 シューズクローク部分は、天井が3・7メートルになるので、

  上部を和室の収納にする。

 シューズクローク内に、床蔵(1階下部分の収納)の入口を造る

 

↓共感していただけるようであれば、押してみてください。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

間取りに対する希望【玄関】

だいぶ時間が経ってしまってしまいました。

1回目の間取りを見て、愕然とした私は、間取り希望表なるものを作ってみました。

そこに書いた間取りに対する希望を備忘録的に書いてみます。

Ennkann


※画像お借りしています。

まずは、玄関に対する希望を。

 広さは、0.7畳~

 広がりのある空間

 明るい玄関

です。

お借りした画像のように、我が家は、1階部分が1・4m床部分が上がっているので、

玄関を入るとすぐに7段の階段を登る必要があります。

なので、たとえ、狭い玄関でも、視覚的に広がりのある空間を希望しました。

↓共感していただけるようであれば、押してみてください。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

2013年6月 9日 (日)

間取り図その①

だいぶ放置していました。

我が家は、間取りが決まるまでかれこれ4ヶ月くらいかかりました。

私がお願いした工務店は、最初は、

営業のおじさんに間取りの希望を伝え、建築士の方に図面を引いてもらい、

また訂正があったら、営業のおじさんを介して建築士の方に希望を伝えるという方法を

取っていました。

まあ、後で記事にもしますが、このやり方に不満を持ち、私は、

建築士さんと直接会うことに至りますが・・・。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ではでは、本題に。

一番最初に図面を作ってもらったのは、1月13日でした。

少しだけ希望を伝えていたのですが、

出来上がった図面を見て、一番最初に思ったことは、

え、なにこれ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~でした。

1階の間取図

※ほかのブロガーさんはきちんとエクセルに変換してるのに、本当にアナログなやり方で

・・・( ̄◆ ̄;)

Photo
2階

Photo_2

まあまあ、私としては本当に文句タラタラもんでしたよ(。>0<。)

あ、声には出してませんでしたけど、全然ダメって思いました。

1つひとつ、少し私の不満と、まあ残したいかなというところをざっくりと話してみようかと

思います。

解説の前に、我が家は、「床蔵」と言って、通常の1階に当たる部分が、

建築法上1階として数えられない天井高1・4mの収納部分があります。

なので、玄関入ると、本当の1階に行くのに、まず7段階段を上がる必要があるので、

図面に階段が2箇所あるので、ご注意ください。

 和室

 私の和室に対する希望を申しますと、

   広さは、4・5畳~6畳

   使用用途は、

        子供ができたときに、お昼寝させたり、遊ばせたりさせる場所

        洗濯ものを畳んだり、干したりする場所

        両親等が遊びに来た際にお泊りできる場所

        急な来客のときの接客場所

        リビングつながり

 と、ざっと並べるとこんな感じなんです。

   私は、田舎育ちなので、お客さんが来ると和室に通すというのが、小さいころからの

  習慣で、普段は間仕切りを開けっ放しにしてリビングの一部として開放的に使用してい

  たいが、お客さんがきたら、間仕切りをシャッシャッと閉めて応対するということをしたか

  ったのです。

   だから、玄関に一番近い場所じゃなきゃいけないのです、和室は(# ̄З ̄)

   図面の和室は、大きくていいけど、リビングつながりじゃないし、孤立してるし、

  なんか建築基準法で決まってるだとかで、和室に天窓って・・・→なによ、って思いました。

 リビングダイニング

  なんかこの図面を見たときに、坪数の割に、リビングダイニング11・64畳って、小さくな 

  い?って思いました。

 キッチン

  キッチンは、悪くはないのですが、広すぎる感じと、

  対面キッチンはいいんだけど、キッチンとダイニングテーブルの並びがイヤ(/ω\*)

 ランドリー

  これは、いいとこ。

  当初の予定では、ランドリースペースと洗面スペースを分けたいという希望がありまし

 た。だから、この図面は希望どおり。

 フリースペース

  私たち夫婦は、この後の間取りの思考で、階段の位置についてまあ揉めるわけです

 が、このころは、主人の硬い意思により、リビング階段反対に。

  そこで、このフリースペースがなんだか使い勝手の悪い形に・・・(つд⊂)

 主寝室

  この主寝室の広さとウォークインの広さに問題はないなと思いました。

 子供部屋

  子供部屋は、別に広くなくていいやって思いました。

  私自身は、6畳の子供部屋でしたが、あまり部屋にこもってほしくないという意味もあ

  り、子供部屋は、4・5畳くらいの大きさに設定。この図面くらいがちょうどいいのかなと

  思いました。

なんか、ざっとこんな感じで、一番最初に見た間取り図には、不満のほうが多かったイメージです。

↓共感していただけるようであれば、押してみてください。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村








« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

フォト
2020年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ