« 雨樋がついてました | トップページ | 足場が取れました »

2013年12月29日 (日)

とりあえずは・・・

以前の記事では、とてもご心配をおかけしました。

とってもとっても暗い記事で、

嫌な思いをさせてしまったかもしれません(´・_・`)

12月27日、旦那さんと一緒に病院に行ってきました。

病気をほとんどしない私は、久しぶりに総合病院の医師とお話。

旦那さんは、大腸は外科、肺は内科で診てもらいました。

一番懸念していたことは、医師も一緒で、

大腸から悪性腫瘍が肺に転移した

ということでした。

しかし、まず、外科で話を聞いたところ、(まあ、この外科部長っていう人が、

あまり信用がならないような感じで、「これから緊急手術が・・」とか、

こっちには、CTの結果が来てないだのなんだのと、何が言いたいのか

さっぱり分からなかったけど。文句タラタラですみません。)

大腸のほうは、大腸壁を内視鏡で採取し、組織検査をしたけど、

悪性腫瘍ではなかった

と。理由はいろいろあるけど、大腸に腫れがあり、出血を伴っていたそうです。

これは、今後経過観察になるそうです。

次に、内科へ。内科の女性の医師でした。

私は、仕事柄、生半可な体内の知識があるので、

いろいろ質問しましたが、外科の先生とは違って、しっかりと答えてくれました。

大腸の悪性腫瘍が否定されたので、一番懸念していた、

「悪性腫瘍が大腸から肺に転移したのではないか」

という可能性はなくなりました。

しかし、今度は、肺は大腸と切り離して考えるとのこと。

どちらかというと、私としては、肺のほうが心配。

肺は、CT検査では、診断がまだつかないそうです。

なにかしらの塊があるのは分かったそうですが、これから

組織検査をして診断を付けるそうです。

でも、悪性腫瘍という最悪の想定を否定するためだそうです。

今回の結果を聞いて、少し安心しました。

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

まだまだ、組織検査をするまでは、完全な安心はできませんが、

今回のことで、私は、本当に勉強をしました。

「健康」って、いつでもあるものではないんだと。

「命」って、いつまでもあるものではないんだと。

今回、最悪のことを想定していたので、旦那さんの顔を見るたび、

「私は、この人といつまでいれるんだろう。

妻として、何ができるんだろう。

妻として、何をすればいいんだろう。」

などなど、お互いがお互いそれぞれの不安を、口に出したら、

不安に押しつぶされそうになり・・・。

私は、仕事をしていて、ふと泣きそうになったり

家に帰ってきて、涙が溢れて止まらなくなったりと、精神的には本当に

情緒不安定の極みみたいな状態になっていました。

不安な気持ちがとにかくいっぱいで、仕方なかったです。

病気って、体だけじゃないんだ、心まで蝕んじゃうんだ、

生活まで蝕んじゃうんだって、

改めて知りました。

今、このブログをご覧になってくださっている皆さんは、

私と同じく、おウチをこれから造ろう、今おウチを建設中、新しいおウチに住み始めた

って皆さんだと思います。

私が偉そうにいうことではありませんが、

健康って、本当に大事なんだなって思います(*゚▽゚*)。

ご心配おかけしました。

 

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

« 雨樋がついてました | トップページ | 足場が取れました »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とりあえずは・・・:

« 雨樋がついてました | トップページ | 足場が取れました »

フォト
2020年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ