« シューモールドを作ってみました | トップページ | 耐震ラッチをつけました »

2014年9月23日 (火)

こだわりのサイズ【キッチンカウンター】

今日は、間取りを決める際に、

一生懸命考えたサイズについて、記事にしたいと思います。

以前は、

キッチンのサイズのこだわり

について書きましたが、今日は、「キッチンカウンター」です。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

私が、間取りや仕様を決める際に、

イメージしていたキッチンは、

画像のとおり、フルフラットのオープンキッチンでした。

Sdsc1

※画像お借りしました。

しかし、キッチンを造作ではなく、

リクシルの標準のシステムキッチンにしたので、

フルフラットなキッチンカウンターには、

できないという結論になりました。

理由は、

工務店標準のシステムキッチン(ペニシュランやアイランドタイプのものではなく、

標準のI型・幅は270cmに変更)

の場合、流し台の奥の部分に、

高さ5cmの立ち上がりがつくから

です。

そこで、なるべくフラットに近い状態を作りたかったので、

キッチンカウンターは、

高さ5cmの立ち上がり以上の差はつけず、

高さを95cm(キッチンの高さ90cm+立ち上がり5cm)

にしていただきました。

ちょっと手元が隠れる高さなので、

使い勝手はばっちりです。

カウンターへの水はねもなく、できた料理をポンポンと

カウンターに載せていく作業も楽チンです。

余談ですが、

キッチンカウンター用にハイスツールを探すとき、

これがなかなか気に入るものがなくて、本当に困りました( ̄Д ̄;;

結果、ふらっと入った大川家具のフロアで見つけた、

「座り部分が楕円形のハイスツール」に、ドキュンと来て、

これに決めてしまいました。

カウンターとの高さの相性もピッタリです。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

キッチンカウンターに向かって椅子に座ると、

背中側になるのが和室なります。

和室の引き戸を閉めた際には、

スツールを置いている場所が、

リビングへつながる通路も兼ねるので、

スツールを置いたときに、見た目が狭ぜましくならないか、

後を通る人の邪魔にならないか等、

いろいろ考えました。

そして、結論として、キッチンカウンターから和室までの間の幅として

出したサイズが、幅100cmでした。

このサイズも、図面ではなかなか感覚が分からず、

間取りが決まった後に、近くの住宅展示場を見に行き、

いろいろと試してみました。

間取りを決める際に、

なかなか平面図や立体図だけでは、

感覚的なものがつかめないと思います。

こういうときは、少し図々しくなって、

住宅展示場や現場見学会等、

 

よその住宅メーカーや会社でも構わず行ってみて、

 

図面上の間取りを、感覚としてしっかり確かめることも必要

だと思います。

Img_8259

そして、キッチンカウンターの奥行の長さは、

30cmにしました。

Img_8262_3

この、キッチンカウンターの幅も、

本当に最後の最後まで迷いました。

ラーメン屋さんでカウンターに座る度に、

「密かにカウンターの奥行の長さを測る」という、

怪しげな行動を繰り返してきましたが、

ラーメン屋さんで使われているキッチンカウンターの奥行は、

大半が30cmでした。

ただ、このカウンターで、物書きをしたいと思ったときに、

どうだろうなどといろいろ考えました。

でも、結構、幅30cmで成功でした。

たまに旦那がこのカウンターでパソコンをしたり、

ショットバーごっこをしたり、

私が日記を書いたりもしています。

こんなふうに、

キッチンカウンターのサイズにも、いろいろと悩んでいた時期があったのでした。

読みづらい文章を読んでいただき、

ありがとうございました。

応援お願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

« シューモールドを作ってみました | トップページ | 耐震ラッチをつけました »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こだわりのサイズ【キッチンカウンター】:

« シューモールドを作ってみました | トップページ | 耐震ラッチをつけました »

フォト
2020年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ